個人信用情報機関とは?

個人信用情報機関とは 、私たちが過去にクレジットカード・ショッピングローン・キャッシングカード等の申込書に書いた「個人情報(属性) と 支払い状況」の記録(=個人信用情報)を蓄積している機関のことです。

CIC(㈱シー・アイ・シー)、JBA(全国銀行個人信用情報)、JICC(日本信用情報機関)という3社がこの信用情報を管理しています。

CIC クレジットカード会社、信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話などが加盟。
JBA 銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金などが加盟。
JICC 貸金業、クレジットカード、リース会社、保証会社などが加盟。

この3社はCRINというシステムを使って延滞情報や代位弁済、本人申告情報の一部を共有しています。債務整理などのブラック登録も共有しています。

機関が収集した個人信用情報は、機関ごとに管理を行い、クレジットカード会社・銀行・消費者金融業者に提供されます。

個人信用情報機関は、全部で5つ存在し、クレジットカード会社・銀行・消費者金融などの業種によって加盟する機関は異なってきます。

なぜこのような機関が必要かというと、審査の適正をはかることを目的に、各々のクレジットカード会社が消費者の情報を流通し合うためです。

カード会社が適正な審査を行うにあたっては、「持っているクレジットカードの枚数」、「限度額(使ってるかどうかは別として)」、「借り入れの残高」、「支払い状況」、といった客観的な判断材料が欠かせません。

各クレジットカード会社は最低一つは個人信用情報機関に加盟していますから、審査において申込者の個人信用情報を参照でき、即座に返答される仕組みになっています。

これらの情報について、現在進行形のものから過去5年間のクレジット履歴まですべて把握できるようになっているのです。

クレジットカード会社は新規に申し込みがあった時、申し込み者が今までに利用してきたクレジット情報を閲覧します。

「せっせとカードを利用して毎月きちんと返済している」となれば上客になります。

「他のカード会社で延滞ばかりしている、お金にルーズな人なんだな」となればゴミ顧客と判断されます。

もちろん、自己破産や重度の延滞がある場合は、ここを見てすぐにバレてしまいます。

◆審査に影響する項目

・支払い状況

遅れずに支払いを行っているか? 1ヶ月~2ヶ月の支払い遅延が2回以上あると、かなりマイナス評価になります。

・利用残高

返済能力を超えていないか? 原則として多い方が好印象です。

・申込履歴

短期間に多くの借入申込をしてないか? 3社以上あると借り回りと判断され、門前払いされる可能性があります。

・事故情報

過去に延滞事故を起こしてないか? 3ヶ月以上の遅延が事故になり、まず審査は通りません。

◆内容の不一致

勤務先・住所・電話番号などの属性情報とクレジットカードの申込内容に不一致があった場合は、裏付け確認が強化されます。

内容があまりにもデタラメだと「本人情報を偽ろうとしたのでは?」と、心証はかなり悪くなります

ブラック登録の基準

信用情報機関にブラック登録される基準の参考は下記の通りです。

  • ・3ヶ月程度の支払い延滞
  • ・支払いの遅延行為を繰り返す
  • ・過去に自己破産・任意整理などの債務整理をしている

過去に過払い請求は信用情報に登録されていましたが、2010年以降の過払い請求は登録されません。

しかし、完済前の過払い請求は債務整理になる可能性があります。

信用情報の登録期間

信用情報の登録期間は基本的に5年間保存されます。

登録されてしまうとクレジットカードや住宅ローンなどを組む際に不利になる可能性が高いく、将来的に影響が出てきます。

信用情報機関にブラック登録されてしまうと、取り消すことは出来ません。

もちろん、間違った情報であれば、問い合わせをした上で手続きをすれば変更できますが、自分で信用情報開示をして確認しなければ気づくことは出来ません。

◆過去に携帯電話の料金を延滞した方はブラック登録されている可能性があります!

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション
アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示