グレーゾーン金利とは?

今までは、キャッシングの金利といえば「利息制限法」と「出資法」の2つの法律で規制されていました。

そもそも利息制限法では、上限金利を元金に応じて15%~20%の範囲とされていますが、一般の貸金業者は、出資法の上限金利29.2%に近い金利で貸し出しているのが普通でした。

この利息制限法(15%~20%)と出資法(29.2)の間の部分をグレーゾーンと呼び、この範囲で設定している金利がグレーゾーン金利と呼ばれています。

○利息制限法

利息制限法に定められた上限金利は元本の額により3つに分けることが出来ます。

  • ・元本が10万円未満 年20%
  • ・元本が10万円以上100万円未満 年18%
  • ・元本が100万円以上 年15%

○出資法

この出資法は、1954年に制定され当時の上限金利は、なんと109.5%だったそうです。

しかしサラ金問題が悪化した関係もあり、出資法改正案により何回か見直しがあり、2000年に現在の29.2%に落ち着きました。

さらに、ここ数年増加傾向にあった過払金返還請求訴訟なども、このグレーゾーン金利が問題の原因だったのです。

○遅延損害金

なお利息制限法は、遅延損害金についても制限を設けていて、制限利率の1.46倍までとされているようです。

例えば、制限利率が20%の場合、20%×1.46倍=29.2%となるわけです。

グレーゾーンが撤廃されると

完全移行後は、上限金利が15%~20%になります。

グレーゾーン金利が撤廃するに合わせて、「総量規制の導入」も見込まれています。

要は過剰融資を防ぎ、多重債務者を増やさないようにしようというものです。

しかしこれにより、中小の消費者金融の経営状況が悪化し貸し渋りが始まっています。

従来はグレーゾーン金利のおかげで潤っていた感がありますが、グレーゾーン金利撤廃に伴い、新規顧客の獲得が落ちています。

さらに、この状況は1000万人のローン難民を生むともいわれ、その対策に躍起になっているのが現実といえそうです。

◆身近な弁護士・司法書士を探したい人は

自己破産・債務整理ガイド
相談掲示板・ニュース・コラム、債務整理ポータルサイト

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示