債務整理費用について

一般的に、弁護士や司法書士に債務整理の手続きに関して支払う費用の種類としては、「着手金」「報酬金」「実費」などがあります。

手続きの内容(債務整理方法や債権者の数など)や事務所ごとに、金額は異なります。

どの程度の費用が必要になるのか相談の時点で必ず確認してから、弁護士・司法書士に依頼しましょう。

また、分割払いが出来るのか、直接債権者に支払わなければならないのかなどの確認も必要です。(弁護士・司法書士に依頼すると支払いを管理してもらい、各債権者へ事務所から支払う方法が一般的なようです)


着手金

着手金とは、債務整理等を依頼した際に、支払います。成果について依頼者の満足いくものでなくても、依頼した時点で必要になります。

債務整理の場合、返済に困って相談する人が対象になるため、「着手金無料」としている弁護士・司法書士も多くあります。


報酬

報酬とは、手続き等が完了したときに成功の度合いに応じた金額を支払います。

債務整理では、残債務から減額できた分の割合や、過払い金返還では返還金に対しての割合で報酬を決定することがあります。

また事務所によっては成功報酬をとるのではなく、債権者1社あたりで金額を固定してある場合もあります。

実費

収入印紙代・郵便切手代・謄写料、交通通信費、宿泊料等を、報酬とは別に請求されることがあります。

その他に、保証金・保管金・供託金などに充てるために請求されることもあります。

◆ネットで探せる弁護士・司法書士

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示